京都観光はレンタサイクル!

わたしは大学卒業まで大阪で生まれ育ったもので、京都といえば学校行事などで訪れる観光地でしかなく「京都ならいつでも行ける」と思うからなおさら行かない、で過ごしてきました。それが今年の春、長男が京都大学に入学したことを契機に、京大出身の小説家(万城目 学、森見 登美彦)の小説を読むようになり、京大周辺の様子が描かれていることで京都の街に興味と親しみを持つようになったのです。

大阪に帰る途中、京都に寄るのはいつも家族といっしょのとき。今回はわたしひとりだったので大阪へ直行するつもりだったのですが「時間はあるよなぁ」と思わず京都東で下りちゃいました。

名古屋の自宅から京大まで約2時間。京都東ICを下りて山科、岡崎を経て白川通今出川を左折して京大へ至る道は覚えました。ところが京大周辺には駐車場がなく、わたしがいつも利用する駐車場は、京大と鴨川を通り過ぎて、河原町今出川を南へ下りた(府立医大手前の)「梶井町パーキング」です。北から来るとトヨタレンタカーのすぐ隣です。ちなみに、南からの右折入庫は禁止ですのでご注意ください。

駐車料金は20分100円、つまり1時間300円。3時間20分以上預ける場合は「6時間1000円」チケットを買うとお得です。さらにここはクルマ1台につき、レンタサイクル3台まで無料で貸してもらえるのです。電話予約しておくと確実ですが、空いていたのでお借りしました。(天気が下り坂なのがちょっと心配)

「南禅寺から銀閣寺まで哲学の道を歩いてみたいな。でも、クルマを停めて歩いたとして、またクルマまで戻るのはチョットしんどい」とあきらめていたのですが、自転車ならできる!

というわけで、梶井町からそのまま南へ進んで「河原町丸太町」交差点を左折(東へ)。

わ、ブレーキが効かない! というか弱い…。スピードを出さないように気をつけましょう。あとで気がついたのですが、この自転車、6段変速でした。すごい。

河原町丸太町の東は鴨川。橋の中央から北を見てみました。
そのまま丸太町通を東へ進むと、じきに右手に平安神宮があります。こちらは裏手になるので、南側に回りましょう。自転車を停めてお参りさせてもらいました。

イベントがあるらしく、境内は折りたたみ椅子で埋まっていました。

まっすぐ南へ行くとでっかい鳥居が!
鳥居の東にあるのが京都市美術館。
鳥居の南の橋上から東を見たところ。これが琵琶湖疏水です。
疎水沿いに東へ向かうと、正面に見えているのが「琵琶湖疏水記念館」です。
そのまま東へ進めば南禅寺。参道沿いは豆腐料理屋さんが並んでました。観光客の多くは観光バス、市バス、自家用車を利用しているようで、自転車はそれらの流れとは無縁なのが有難い。マイペースで動くことができます。

境内は緑が豊かで落ち着いています。本当ならのんびり、じっくりしたいところですが、せっかちなわたしは「即、次へ」進むのでした。(空模様が気になることもあります)

南禅寺のすぐ北側の「若王子(にゃくおうじ)」から哲学の道へ入ります。
これは疎水分流だとか。白状すると、疎水は銀閣寺から南禅寺に、北から南へ流れているのかと思ってました。じつは逆なんですね。水面をよ〜く見てたらわかりました。あとで広域地図で琵琶湖の位置を見て納得しました。(苦笑)

ということは、南禅寺より銀閣寺方面のほうが土地が低いということ? 自転車で走っていてもそこまではわかりませんでした。哲学の道は近隣の方の生活道路でもあるので安全に留意して通りましょう。

銀閣寺は、また家族と来たときに寄ることにして、そのまま京大方面へ戻ります。「白川通今出川」交差点を渡ったところ。

銀閣寺から京大方面へ向かってわずかに下り坂なので自転車にはうれしい。

京大北門前(百万遍交差点東)の「カフェ進々堂」。古くからある有名な喫茶店のようです。店内は薄暗く、木製のどっしりとしたテーブルが並び、BGMもなく、お客さんたちの話し声だけが聞こえてきます。夕方6時には閉まってしまうのでご注意あれ。
「特製カレー&パンセット」(780円)を注文しました。「珈琲にミルクはお入れしますか?」と訊かれ、ミルクを入れると珈琲の味がわからなくなるので「いいえ」。

カレーはビーフ&玉ねぎのスープカレーといった趣き。おいしいです。辛過ぎないから女性でも大丈夫でしょう。また、熱々のパンが香ばしくておいしい。進々堂って本来パン屋さんでしたっけ。 珈琲はかなり深炒り(苦い)なので次回はミルクを入れてもらおうかな。

併設されているパン屋さんコーナーは商品がちらほら。あまり商売気がないようで…。のんびりしていてそれもまた良き哉。

百万遍交差点を南へ渡り、京大正門前へ。
京大正門前から東を眺めると吉田神社の鳥居が見えます。
坂を上ったところにある境内は、日曜日なのに人影もなく静かです。

京大生は「吉田神社でお祈りすると単位を落とす」って本当?(そもそも神頼みってところから間違っているような…)

吉田神社は「鴨川ホルモー」(万城目 学)でも舞台になっていました。「京大青竜会のメンバーが○○したのはココかな?」。

再び百万遍交差点まで戻り、今出川通を西へ、鴨川を渡ります。
河原町今出川交差点を北へ折れた西側の商店街に行列のある店があります。和菓子の「出町ふたば」です。小説で「出町ふたばの豆餅」というのが出てくるので一度食してみたかったのです。

三重(さんじゅう)の行列に並びました。本日巡った先の滞在時間としてはここが最長ではないでしょうか。(笑)

自宅におみやげに買って帰ろうにも「本日中にお召し上がりください」。豆餅ときなこのおはぎを買ったのですが、自転車で無造作に運んだせいか、丸かったものが三角に…。味は変わらないでしょうけれど見た目も大事ですね。ショートケーキのつもりで運びましょう。

並びのお肉屋さんでコロッケ1個(50円)をその場で揚げてもらい、熱々はうれしかったのものの、お味は好みに合いませんでした。(残念)

今出川通を西へ進むと右手に同志社(大学?)が見えてきます。
左を見ると京都御苑の入口が。
そばにあった京都御苑の案内板。案内図右上の入口にいます。

御苑と聞くと新宿御苑を思い出すのですが、京都御苑のほうがオープンですね。自転車で気軽に入ることができます。

入ったのはよいけれど、砂利が敷いてあるのでちょっと走りづらい。でも、走れないほどでもありません。

ここが京都御所の入口かな。あ、雨が降り出しました。戻らなくちゃ!

南に抜けると京都御苑の入口。思ったより普通サイズの門構えでした。平安神宮の鳥居を見たあとでは質素に見えます。京都御苑の南北縦断も自転車ならラクチン! これをもし歩いたら…考えただけで疲れます。

東へ進むと再び「河原町丸太町」交差点。北へ左折して「梶井町パーキング」に戻りました。寄り道して食事して買い物して約3時間。雨が降り出さなければもうすこしゆっくりできたのですが満足です。次回は家族と来ます。

愛車 1988 BMW735i に乗り換え、河原町通を南下。九条河原町交差点を右折して国道1号線を左折、京都南ICから吹田ICへ向かいました。雨降りと遠出はクルマだけど、晴れた日の近場めぐりには自転車ですね!