スロット・ラジ四駆−2
ノーマルタイヤはゴム製なのと、幅が狭いためにグリップしてくれません。幅広タイヤを履かせるのは簡単だけど、それではせっかくリアルなスタイルが崩れてしまいます。

それに、ラジ四駆は定価2,480円と、ミニ四駆の600円に比べて高価です。ですから、ラジ四駆が特別よく走るというのでなければスロットカーにするメリットは少ないような気がします。この「なんでもスロット化プロジェクト」は手軽さが身上。試行錯誤の過程もご紹介していますが、結果として気軽に楽しめなければボツになります。性能を追求するなら本来のPLAFITがありますからね。

それと、ここまで来たらダンガンレーサーもスロットカーにできないかと(笑)試しにダンガンを買って子供たちと1台ずつ作ったのです。しかし、リビングの床で走らせて面白いものではありません。専用コースを常設しているお店(名古屋市天白区の四駆屋)を探し出して遊びに行ったところ、そこにはミニ四駆用コースもありました。ですから、ラジ四駆は本来の場所で走らせようと思います。

そんなわけで元の状態に戻したのですが、ガイドを取り付ける部分はそのまま残しました。だったらガイドだけ付けてスロットのコースを走らせてみましょう。

な、ナンダ!? スポンジタイヤに換えておいたのですが、とにかく遅いです。ループの上りはタイヤが滑っているようにも見えます。付属のモーターが非力なのか、ニッカド電池の充電が不十分だったか。ギア比は選択できなかったし、どうしたというのでしょうか。

それにしても、コース電源を入れてもらうことなく、コースを走行するというのは妙な感じです。線路を走る自動車みたい。(笑)

ミニ四駆用のコースを走らせて調整してみればわかることでしょう。ちなみに、HOT STAGEではラジ四駆用のコースを設置する予定だそうです。(コース部品は届いているのですが、設置場所を片付けないと置けないとか)

| Back | Next |

May 2002