ライト点灯ユニット3
ライト点灯ユニット2」は,スロットカーのリアリティを追求する方に好評で,みなさんいろいろ工夫(苦心?)してらっしゃるようです.

前回のヘッドライトユニットはテール4灯でしたが,車種によってはテールは2灯でよかったりします.そこで再度「RUU's Page (RUUの趣味のページ)」のおぐらさんに相談して,回路を改造してもらいました.コントローラのトリガーONの状態でテールランプは暗点灯,OFFで明点灯します.

いつものように,ブレッドボードで仮組みして動作をチェックします.白いのがヘッドライト,赤いのがテールランプ.電源5Vでテールは暗点灯しています.
3Vを切ると(つまりトリガーOFFにすると)テールが明点灯に変わります.これがブレーキランプですね.照明を落としたコースであればはっきりわかるはずです.気に入らなければ抵抗値を調整しましょう.
12V(全開)時はヘッドライトも明るい.
47μFの電解コンデンサは回路の安定のために入れてあるということなので外しても動作はします.ただし実際にスロットカーに組み込んで走らせたわけではないのでご了承ください.実際に組み込むときは回路の小型化にトライしてみたいと思っています.
関係ありませんが,1/100 ZAKU IIにLEDを仕込んでみました.まだ頭しかできてません.(苦笑)

最後に回路図を載せておきます.部品説明は「ライト点灯ユニット2」と抵抗値がちがうだけなので,そちらをごらんください.

なお,製作する場合,半田づけはしっかりしましょう.スロットカーは走行中かなり振動しますし,コースアウト時の衝撃も大きいです.回路がショートすると電解コンデンサから煙や火が出る恐れもあります.

■ 回路図

「通常はヘッドライトと同様にR3経由の電流で点灯,ブレーキ時には(R3+R4)/2の抵抗値でブレーキ点灯」です,

★お願い★
この回路図の知的著作権は'RUU' Oguraさんにありますので,営利目的で使用しないでください.また、部品等を頒布する際には、説明書に「circuit designed by RUU」と記載してください.個人的には改造,改良等も自由ですので,どんどん活用してください.

May 2002