PLAFIT完成シャーシの経済学
クルマを1台作りたい.そのときに完成シャーシを買うのと,バラの部品を買って組むのとどちらが経済的なのでしょうか? 結局は考え方次第なので,ここではわたしの考えに基づいて試算してみたいと思います.

初めのうちはPLAFIT EXCELの完成シャーシを買って,リアタイヤはボディに合わせて幅広のものに替えて走らせていました.


(左がPLAFIT EXCEL,右はMINI用)

一方,伴野社長にシャーシを組んでもらうと下表のようになります.これはたとえばHONDA NSX,Ferrari F40をフォックスモーターで走らせる場合です.

レーシングパラダイス世田谷スペシャル
1301A メインシャーシ 800
1302B フロントブラケット 300
1303 ガイドホルダー 250
1304 フロントシャーシ 450
1305 Tバー 500
1306A マウントプレート 400
1307C ユニバーサル 750
1308 ブレイス 200
1309A リヤブラケット 300
1310B サブフレーム 600
1311 ストッパー 150
1313 ファインネジ 450
1320A 強化スプリング 200
完成タイヤ リヤタイヤ 400
フロントタイヤ 250
ホイール(R) 850
ホイール(F) 800
8201 シャフト類 250
8221 スペーサー 200
8261 ベアリング(ペア) 1,700
8501 ピニオン類 25
8541 スパー類 280
8602 ブレード 100
8613 ガイド 250
8630 FOXモータ 600
8713 ナイロンナット 300
工賃 無料

合計 11,355

完成シャーシは6,800円ですから,リアタイヤを別に用意したとしても約8,000円でシャーシが用意できるので,ボディ(プラモデル)を買っても10,000円で1台作れます.完成シャーシのほうがすこし安いのです.

ここで「ずいぶんお金がかかるんだな」と不安になった人は深入りしないほうがいいです.スロットカーやコントローラ以外に別途,コースを走らせるのに12回3,000円の回数券(1回10分間)か,3,000円で一度会員になれば1日券2,000円,1ヶ月(平日のみ)券10,000円がかかります.

しかし,伴野社長に組んでもらったシャーシは楽に走らせることができます.ひとつの基準というか,手本のようなシャーシです.完成シャーシよりも良い部品が使ってあったり,部品の歪みをチェックして当たりを取りながら組んであるところがちがいます.伴野社長自身「初めての方であればともかく,すこしわかってきた方には完成シャーシは勧めません.結局要らない部品が余ってしまって困りますから」.

実際,わたしも完成シャーシだったものを「世田谷スペシャル仕様」に組み替えてしまっています.フロントにもボールベアリングを入れたり,サブフレームをアルミ製からジュラルミン製に換えたり,ネジも精密ネジにというように,良い部品を使いたいじゃないですか.基本を押さえた上でセッティングを工夫してみたい.

完成シャーシを上記「世田谷スペシャル仕様」にバージョンアップする場合に必要な部品を挙げてみました.これらの部品は完成シャーシとは異なるものだということです.

バージョンアップ部品
1302B フロントブラケット(ベアリング対応) 300
1310B サブフレーム(ジュラルミン製) 600
1313 ファインネジ(精密ねじセット) 450
1320A 強化スプリング(銀色) 200
完成タイヤ リヤタイヤ 400
ホイール(R) 850
8201 シャフト類 250
8261 ベアリング(フロント用) 850
8613 ガイド(カーボンファイバー入) 250
8630 FOXモータ 600
8713 ナイロンナット 300

合計 5,050

つまり,6,800 + 5,050 = 11,850円必要になります.それならば最初からバラの部品を買ったほうが「経済的」です.ましてや世田谷では伴野社長に組んでもらうこともできますし,ボディマウントもお願いできます.速いモーターを載せる場合はメインシャーシをニッケル製にすることも差額を出せば可能です.

考えようによっては完成シャーシは必ずしも安くないわけですが,それじゃ完成シャーシはちゃんと走らないかというとそうとも限りません.最初のうちはそれで十分です.

歪んでしまったシャーシを直すために分解して組み直すうちに馴れてきて,自分でシャーシを組むことができるようになればバラで組めばいいのではないでしょうか.そのための組立ガイドも書きました.その頃には細かい部品は手持ちが揃ってきますから,足りない部品だけ買い足してシャーシをもう1台組むとよいでしょう.

上の写真は,左の手持ち部品に,右のパーツを買い足したときのものです.わたしは部品がたくさんあるとうれしくて,つい買い過ぎてしまうのでゼンゼンお得ではありません.(苦笑)

参考までに「ファインネジ」(精密ねじセット・450円)の内容を記しておきます.精密ねじのほうがねじ山がつぶれにくいのでお勧めです.

M2-48
M2-610
M2-88
ナイロンナット3
Oリング2
キャップねじ8
2-1.6カラー6
2-2.0カラー4

ナイロンナットはTバー用という意味で3個.サブフレームにも使うのであれば別途6個入りを買わなければなりません.(6個入300円)

M2の精密ネジとナイロンナットは秋葉原ラジオストアー内の「ストア・ミズタニ」で扱っています.M2ネジは100本200円,ナイロンナットは1個25円でした.M2-3のキャップねじはありませんでした.(M2-4キャップは1個35円/100個3000円) ネジを探しに行くときは必ず見本品を持っていきましょう.おなじM2でも頭の大きさがちがったりします.何度も組み直すシャーシのネジは消耗品です.M2のナット,スプリングワッシャ,平ワッシャは東急ハンズでも置いていますから余分に買っておいたほうが気軽に交換できて気持ちいいです.

以上,完成シャーシを使うか,バラ部品で組むかはご自身で判断してください.

AUGUST 2001