1/24 UNISIA JECS GT-R
スポンサーは英国海軍」でご紹介した次男のクルマにヘッドライトLEDをつけました.回路は「ライト点灯ユニット1」と同様ですが,つけても効果のない電解コンデンサは省きました.

まず,ボディに直径3mmの白色発光ダイオードを通す穴を開けます.発光ダイオードは直径5mmのものもありますから使い分けましょう.

タミヤクラフトツールに「電動ハンディドリル」が手軽で便利.単3電池2本とマブチモーターで組み立てる「プラモデル」なので,たいしてパワーはありませんが,ひとつ持っていると便利です.同シリーズに「電動ハンディリューター」もありますが,わたしはパワーのないリューター(ルーター)は嫌いなので使っていません.

配線をすっきりさせるために基板を使い,LEDと1.8kΩの抵抗を並べます.電解コンデンサをつけようかどうか迷った名残の逆流防止用ダイオード(IS1588相当品)が残っています.

基板は厚手の両面テープで留めてあります.傾斜している場所はテープを重ねて貼って高さを合わせています.前輪に干渉しないように注意しましょう.

点灯するとこんな感じ.不気味な迫力があります.

半田付けが面倒だから,ふつうの12Vの電球を使おうかと思ったのですが,直径5mmのものしか東急ハンズには置いていないし,配線がごちゃごちゃするのが抵抗あるし,次男のNSXでこのLED回路の耐久性も実証されているので(笑)LEDで行くことにしました.ボディが割れて使えなくなっても同タイプのボディにならカンタンに載せ換えできるのもメリットです.

FEBRUARY 2002