1/24 FERRARI F50
これは長男の10歳の誕生日にプレゼントしたF50 Yellow Versionです.いつまでも積んであるので強引に組み立てさせました.(笑)

その夜,塗装する前にマウントしておくことにしました.オープンのバルケッタ仕様です.リアは2mmのピアノ線を入れ,フロント側の車高は,ほんとはギリギリまで攻めたかったのですが,100円玉に0.5mm厚プラ板を重ねました.1回のレースのためだけなら100円1枚でしょうけれど,長く走らせているとボディが下がってきたり,何度もぶつかるフロントが下に曲がって,フロントを擦るようになるのです.

今回,マウント用ゴム片の1段目はボディ側に接着していません.ボディを留めているのは2段目のゴムだけです.こうするとマウントが柔らかくなります.それがいいのかどうかはわかりませんが,調子のいいPEUGEOT 206のマウントを調べたらすごく柔らかかったのでF50でも試してみようと思ったわけです.

最近,ボディマウント同様,気になるのがサブフレームの遊びです.H型のサブフレームの四隅を止めるネジにカラーを被せますが,そのカラーの位置によってサブフレームの前後左右の遊びが決まります.ネジを締めるときに爪でカラーを押しながら締めれば遊びが減ります.サブフレームは上下に動く必要はありますが,前後左右には動かないでもいいはず.そんなセッティングもすこしずつ試していってみようと思います.

スプレーで塗装するときは500ccの水入りペットボトルをルーフの内側に両面テープで留めるのですが,オープンカーの場合は屋根がないので「渡し板」を両面テープで留めて重心位置にペットボトルをつけます.
イエローを1回吹いただけで,あとはフロントウィンドウを付けたら試運転.その後,他のクリアパーツも接着してとりあえず完成.(デカールとサイドの黒いライン引きは本人の気が向いたときかな)
ひとしきり走らせたあとで,長男に「F40とF50はどっちが好き?」と訊ねたら「どっちも好き」.彼はフェラーリがお気に入りです.世田谷のコース上でも黄色いF50は目立ちました.

FEBRUARY 2002