1/24 Mercedes-Benz CLK DTM 2000 Team Original-Telie
今回わたしはメタリックブルーだけで塗りましたが,指定色どおり塗装するならばフロントバンパーはメタリックブルー,他の部分が白になります.バンパーは塗装後に接着してください.

ボディサイドにつく部品が内側に飛び出していて,マウントの邪魔になるのでカットしました.
カットした部分に四角い穴が空いてしまうので0.5mmのプラ板でふさぎます.
ボディに接着しました.
このままではフロントが(衝突に)弱いので,シャーシの先端部分だけ切り出してつけることにしました.
これでぶつかってもすぐに壊れることはないでしょう.
ボディを組んだ状態.リアウィングはセミグロスブラックなので別塗装して,最後に接着します.
一部黒い部品があるのでサーフィサーのグレーとホワイトを吹いて全体の調子を整えます.
TAMIYAの缶スプレーのメタリックブルーを1回吹いたところ.あとでもう1回吹きました.1度で厚塗りするより2回薄塗りしたほうがきれいに仕上がります.
最初は貼るつもりのなかったデカールを結局貼ってしまいました.最近のTAMIYAのデカールはカルトグラフ社製なのか,厚みがあって貼りやすくなっています.これならグンゼの「マークソフター」を塗っても破れません.仕上げに「トップコート」を吹き付けておきます.
ヘッドライトなどのクリアパーツをつけてボディはほぼ完成です.

オリジナルとはずいぶん雰囲気がちがうので違和感がありましたが,しばらく見ているうちに馴れました.(笑)

マウント時の高さ合わせに使ったのはフロント側が100円玉+0.5mm厚プラ板,リア側が10円玉×3枚です.ホイールベースが長いのでフロント側は四角いチップをフロント側に伸ばしてネジ留めして,そこにマウントゴムを接着します.
そのフロント側のマウントの様子.ゴムを2段重ねしてあります.平ワッシャをかませれば車高を上げることもできます.
ボンドが乾くまでそのままにしておきます.
試運転して問題なければ,OHPシートで窓を貼ります.今回はTAMIYAエナメルのスモークを吹いたものを使いました.サイドのピラー部は同様にセミグロスブラックを吹いたOHPシートを上から貼りました.ほんとうは窓枠部分も黒くすれば引き締まるのですが,面倒なのでここまでです.
テールランプのクリアパーツの裏側にはアルミテープが貼ってあります.

SEPTEMBER 2001