1/24 PORSCHE 911 Turbo COUPE FLATNOSE
息子たちの「ラビット・ポルシェ」に対抗すべく買ったのがコレです.白いボディを何色に塗ろうかと考えていて,接着剤不要のスナップキットと書いてあるのが目にとまりました.たしかに部品点数が少ない.そこでプラモデルとして全部組み立ててみることにしました.

パキパキと30分もあれば完成です.子供がはじめて作るプラモデルとして好適.
塗装もなにもしていませんが,タイヤがついて,手で押せば転がっていきます.「あぁ,プラモデルってこうだったなぁ」と感慨にふけってしまいました.
あれこれ考えた挙句,いちばん簡単な黒一色に塗装することにしました.タミヤスプレーのブラックはツヤがあるので,あとでクリアーを吹かなくてもきれいです.デカールはオリジナルを貼りました.
ボディだけ外してスロットカーのシャーシにマウントします.ラビットモーター用なので,サイドウエイトなし.ふつうのスライドマウント金具を使います.
例によってOHPフイルムを窓に貼りました.
リアビューです.黒いポルシェもなかなかかっこいいですね.

後日,実際に走らせてみると(ラビットモーターだということもありますが)意外と安定しています.ところがコントローラのブレーキが効かず床に落下し,フロントがパカっと割れてしまいました.そこはクリアボンドでつけて裏から補強テープを貼って,塗装はタミヤ「ペイントマーカー」でタッチアップして修理完了.

この911は頭からラビット用だと決めつけていましたが,車幅をみるとサイドウェイトを入れることもできそう.「それならばフォックスカーにしよう」ということでマウントをやり直すことにしました.プジョー206のときとおなじです.

マウントのやり方はケースバイケースだし,人それぞれ.いろんな人のやり方をみると参考になります.

今回わたしは1段目のゴムを先に接着しておく方法を採りました.そうしてボディ形状に合わせてゴムの肩を斜めに切り落としておくのです.こうするとボディが4片のゴムの上に乗る形になります.

そうしてボンドで接着して位置合わせしてから,各々2段目のゴムを載せていきます.1段だけではマウントが外れてしまうかもしれません.窓のOHPフィルムは剥がしました.
裏からみるとこんな感じ.

「このクルマはどんなふうに走るのかなぁ」と想像しながら完成車を眺めているのが楽しいです.

FEBRUARY 2002