スロット四駆−2
壱号機は試作品だったので,途中の製作手順を省略しました.弐号機(レイザーギル)では製作手順をご紹介しましょう.2台とも「スーパーXシャーシ」なのでシャーシは共通です.

左上がガイド,右上がガイドホルダー,左下がブラシ.これらは1/24スロットカー用のパーツです.
ガイドホルダーにガイドを留めたところ.8mmのナットを締め付けるのですが,ガイドが軽く動くようにしておきます.ナットから飛び出した軸部分はニッパーで切り落としておきましょう.ミニ四駆のボディをつけたときに干渉して,ガイドの動きが重くなります.
ブラシの根元の真鍮板をラジペンで2つ折にします.ここをガイドに挿すので,平らに潰しすぎるとガイドから抜けやすくなります.
このようにモーターのリード線を挿したところに,ブラシを押し込んでリード線を留めます.真上から見て右側が赤,左側が青(写真参照)です.逆につなぐと当然逆走します.
新品のブラシは長いので,そのままだとショートする恐れがあります.ハサミですこし切り落とします.左右の長さは揃えましょう.
つぎに,ガイドをシャーシに取り付けるための下準備です.シャーシの内側(上面)からセロテープを貼ります.
そして裏側から「プラリペア」の粉末で穴を埋め,リキッドを注射針で垂らします.2〜3分で硬化し,20分も経てば削ることができるようになります.
ガイドホルダーの取り付け位置をやすりで平らに削ります.元のシャーシを1mmくらい削ってください.
ガイドホルダーをねじ止めするための2mmの穴をあけます.まずピンバイスで小さな穴をあけたら,タミヤの乾電池電動ドリルで2mmの穴をあけます.このドリルはちょっとした工作に便利です.
前後2ヶ所ずつあけるとこんな感じ.プラリペアで穴埋めしなくても,穴あけ位置を調節すればいけるでしょう.ただ,ガイドをコースの溝に押し付けながら走行するのでかなり力がかかるはず.「シャーシ補強のためにも」という気持ちがあります.
ガイドホルダーをねじ止めしたところ.前方の2本を閉めるとガイドがすこし上がります.
裏側はこんな感じ.ナットがボディと干渉する部分はハンディリュータで削りました.そうしないとビスが斜め向いて差さってしまいます.これでガイドの取り付けは完了です.
壱号機の試運転中,リアタイヤが外れてコロコロ...やっぱり車軸に押し込むだけでは無理があります.近所の模型屋さんで「スーパーXナット止め小径ワイドホイールシャフトセット」(300円)を発見.2mmナットが空転を防ぐようになっているので「これだ!」.
G17ボンドをホイールの周囲に(指で)薄く塗り,タイヤの内側につまようじで薄く延ばしながら塗ります.
そのままタイヤを押し込むといきなり接着されて動かなくなってしまうので,シンナーを指でホイール側に(垂れない程度に)塗ります.そうして,すこし滑りやすくした状態で,ホイールにタイヤを一気に押し込んで形を整えます.このタイヤは多少力を加えてもちぎれませんから,思い切ってやりましょう.
そうして30分も経てば,スロットカーのタイヤ同様に,ボール盤で好みのサイズにカットし,形を整えるために80番の紙やすりでざっと削り,120番で仕上げします.また,外側に飛び出して余ってしまうタイヤはボール盤を回しながら横からカッターナイフを当てて切り落とします.

これで「スロット四駆」用リアタイヤの出来上がり.タイヤ幅もこれだけあれば十分でしょう.一方,フロントタイヤは両輪が独立して空転する「ワンウェイホイール」がよいのではないでしょうか.前後のホイールがついたら車検板にのせてフロントタイヤが浮いていないかどうか,車高が確保されているかどうかをチェックしてから走行させましょう.

タイヤをカットするボール盤での作業は,写真撮影する余裕がありませんでした. これ以外,モーターとギアの組み込みや配線,ボディの製作等は長男が自分でやりました.青いボディにメタリックブルーをスプレーしてからステッカーを貼りました.しかし,ボディは「お父さんのほうがかっこいい」というので交換しました.写真手前が弐号機,奥が壱号機です.壱号機はリアタイヤをナット止めホイールで作り直しましょう.

最初は前後ともミニ四駆用のスポンジタイヤで走らせたのですが,ほとんどスリップしませんでした.ギア比をすこし高くしたせいかもしれません.8Tのピニオンを9Tで試してみたのです.わたしが10Tで試したところ,スピードは伸びるものの,ブレーキが効かなくなるので9Tくらいが適当だと思ったのです.

3つのギアのうち,どれかのサイズが変わるとかみ合わせが変わってしまうため,他のギアも交換しなければならなくなります.クリアランスが大きすぎても動作音が大きくなってしまうので,ギアとバランスウェイト(おもり)についてはまだ試行錯誤が必要です.

プロペラシャフトを抜いた状態だと「スロット四駆」ではなく「スロット二駆」です.フロントタイヤにワンウェイホイールを入れた状態なら四駆にしてもそこそこ走ってくれないでしょうか.今度試してみましょう.

長男は「思ったより速いね」と満足そう.でも,ひとりではつまらないので,もう1台,次男用にスーパーXシャーシでもう1台製作する予定です.そうすればファミリーレースが開催できます.

どなたかいっしょに遊びませんか?

| Back | Next |

June 2002