1/32で遊ぼう−3
FLYのシャーシに1/32 ポルシェ928ボディを載せることにしました。

ホイールベースがぴったりなのです。これは以前ネットオークションでプラモデルを買ったときにおまけでもらったもの。ダイワというメーカーのゼンマイ模型です。そのまま作ることもないでしょうから、スロットカーのボディにしましょう。

928を上下にまっぷたつにしてあるので、ボディの一部がシャーシ側についています。それを切り取って上側のボディに接着しなければなりません。
フロント、リア、左右のサイド部分を接着し、裏側からプラリペアで補強しました。プラリペアの手持ちがなくなってきたので、今度は大きめの容器のものを買いました。
ボディにペーパーをかけて継ぎ目を目立たないようにします。また、シャーシがすこし大きいので余分なところを切り落としました。
ボディをオレンジ色に塗装し、ダッシュボードとハンドル、そして窓ガラスを接着します。内装はオリジナルパーツを使いますが、人形とバケットシートはFLYのものを使います。またプラ板を使って、シャーシの前後にボディを引っ掛ける部分を作りました。
人形を乗せて仮組み。ほんとうはオーバーフェンダーを作りたかったのですが根気がありませんでした。
ボディをはめてもガタがあるので、できればねじ止めしたいところ。
あえてプラモデルキット付属のデカールを貼ってみました。ちょっとクラシックな雰囲気。928レーシングの完成です。

きれいな完成品スロットカーに比べると見劣りしますが、市販されていないモデルであれば存在価値はあるでしょう。

November 2002